呉氏宗祠
当面の位置:顔の白衣 -> 観光地区の名所
呉氏宗祠

古い街の北、座西にあって、清道光年間、古建築、省級の文化財保護の単位で、宗祠の中堂大門の上の高さ、清書の正公の曽国藩問題書「エレグアンテング」、市民を蔭の祠の祠と呼んでいます。垣根の形のために、旧時代の官印が方状形になっていたという話がある。また、市民は印の祠を呼んだ。「お阴」は「印」と同じように、お阴でのほこであることを意味すると思います。


四方にれんが塀を作って,大きさの2つの斗(古い物の木の器,石,斗,昇,合)がある。前の小塀は16メートル、幅は18メートル、高さは4メートルだった。後ろの塀は四十六メートル、六メートル、幅は18メートル、高さは約9メートルある。全体的には4つの共同体の建設に参加する。祠の前には,朱紅の大朝門の前に,銅器の頭の輪を鋳造し,門の両側に上馬石の石の石を持っている。祠院の前の板広場,広場の先端が畳の板の壁を積み上げると,壁の外には高さの大きな石の表があって,気勢を上げている。


前院の両側に木の台瓦の屋根が,屋根のボンボンである。裏庭は広々として広々として,第二重堂は瓦の屋根瓦屋根,屋根の両側,両側の両側の家屋,明窓浄室,すべて彫刻の模様がある。1重の中堂(エトルクホール)、石畳のダムを通って、上石梯子を祭って堂にした。中には色とりどりの神棚があり、先祖の位牌が祭られていた。呉君は白衣の庵、呉氏の元祖として、神位になっていて、その下は左に右に並んで並んでいる。精巧で、金彫りの花を塗る。中堂は、こだわりがあり、品位が高い。五朝(だろうが、光、咸丰、同治、光緒帝)の五色の教旨疲れ封兼二朝(孝貞顕、抗日戦争)のチ首璽懿旨、御笔——懸板(如:五世集合、五世集合さようなら、五世に集合三、兄弟翰林、兄弟進士翰林、父子進士、大夫一家、五叶衍祥、騒がせ春熙、たっ瑞、孝徳留芳町など)。書類要員题本(如:清诰がく公爵者曹振镛や、曽guofan、曾碧光、倭仁、権力者・李鴻章が、张之洞、翁同龢、太守総督余梅村、丁宝祯、曾国荃、李宗羲、刘武慎および尚書、侍郎、主事、郎中など)。また、唐宋明清の磁器の品、歴代の有名人の書画、各種の金、銅、石、玉、骨、木、竹の古遊び、いくつかの箱の古装書がいくつかあります。これは、博物館の大展。この中堂は勝手に開放していないので,ただ官だけではなく、人のお年寄りや役人を出入りすることができる。張之洞は学政のためにここに来たという。


前の1篇 次の一篇
戻る 注目 VR ポイント Top
スキャンしてマイクロメールを
Wマイクロ信号:pcgz